東京都北区赤羽駅徒歩3分のヨガスタジオ。ヨガ、ピラティス、ママ・ベビー・キッズヨガ、プライベートクラス。どなた様もお気軽にお越しください。

Yoga & Therapy Studio marici とは

 

marici:摩利支天(”まりしてん”*1)=病気の破壊者(インドの古い言葉:パーリー語)

 

 

「活き活きと健やかでありたい」「日々楽しく幸せにすごしたい」

それは、ほとんどのみなさんが、こころから願うこと。

では、活き活きとは? 健やかさとは? 幸せとは? いったい、なにを意味するのでしょう。

 

 

一昨年の2014年3月、私は血液の癌である「悪性リンパ腫」のステージ3と診断されました。

間髪を入れず、病院へ入院。

同時にこころのなかでは、

「必ず治して、”Yoga & Therapy Studio marici” をつくりたい」という想いが芽生えました。

 

これから予想される、あるいは予想を上回る、つらいであろうこと。

いったい、私はきちんと受け止めることができるのか。

想像する間もないまま、抗がん剤の治療と、それによる副作用が始まりました。

 

からだへの副作用は、ある程度、薬で抑えることができます。

しかし、強い吐き気とともに思考が失われていくのは、どうしようもないもの。

幸いに、予告されていた細胞壊死による外傷や内傷はなく、日々行っていたヨガの力を実感しました。

 

強い副作用に襲われていた間、私が続けていたのは、

しっかりと、いまの、”真実の自分”と向き合うこと。

ただ、今をじっくり受け止めること。

私がヨガへ深く興味を持つことになった、哲学を探究するヨガ『ギャーナヨガ』や、

瞑想のヨガと言われる『ラージャヨガ』が伝えることを、

まさにそのまま行っていました。

いつも、ヨガの教えが心に響いていました。

 

現実と向き合ったことにより、”手放す”ことへの恐怖はなくなりました。

その代わり、いつも近くにいてくださる、皆さんの存在や愛情でこころが埋められ、

ものすごい量の感謝と恩愛があふれてくるーーー。

そんなことに気づいたとき、こころは活き活きと前向きになり、

がんの患者さんがよく陥るとされる、うつ状態になることもありませんでした。

 

カラダは苦しくても、ココロは満たされていて、幸せを満喫しているーーー。

 

素晴らしいことを学んだ、この貴重な経験を通し、

「カラダとココロのケアをしたり、調整したりすることは、

人生にとって、とても大切なことなのだ」と、改めて気づきました。

そしてこのたび、念願叶って

" Yoga & Therapy Studio marici " を開設することができました。

 

幸いにも、2014年末に、がん細胞はすっかり消えていると診断を受け、

現在はがんを克服し、元気に毎日を過ごしています。

 

これから、みなさんへ、

カラダもココロも、より活き活きと健やかになり、

健康に過ごしていくためのプログラムを、たくさんご提案していきます。

 

担当する講師の皆さんは、

お一人お一人の想いを丁寧に受け止め、理解し、優しく、

そして楽しくアドバイスをしてくださる素敵な方たちです。

 

 

幸せとは、いまと向き合って手放すこと。

自分を取り巻くすべてのものに気づくこと。

そして、いま活きること。

 

皆さんもご一緒に、より素晴らしい自分自身を感じてみませんか?

 


代表 

村上真理子(Mari)

*1): Wikipediaより

 

摩利支天

(まりしてん=サンスクリット語:Mariciの音写、訳:陽炎・威光)は、

仏教の守護神である天部の一柱。

 

日天の眷属である。

原語のMariciは、太陽の光線を意味する。

摩利支天は陽炎(かげろう)を神格化したものである。

摩利支天の原形となった尊格は、おそらく古代インドのヴェーダ神話に登場する暁の女神ウシャスであろう。

 

陽炎は実体がないので捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない。

隠形の身で、常に日天の前に疾行し、自在の通力を有すとされる。

これらの特性から、日本では武士の間に摩利支天信仰があった。

摩利支天 女神

摩利支天 男像