東京都北区赤羽駅徒歩2分・南北線赤羽岩淵駅徒歩3分の本格的なヨガ&ピラティススタジオ。プライベートクラスも充実。どなた様もお気軽にお越しください。

かっさ(刮痧・グアシャ)について

about guasha

◆ 新陳代謝を促し、

      「気」と「血」の流れを整える

 

中国の考えでは、 “経絡”という、

全身に巡らされた『気』と『血』というエネルギーの通り道が

あります。

 

呼吸や食べ物によって体内に取り込まれた栄養分、水分、空気は、“ 五臓六腑(ごぞうろっぷ)”

と呼ばれる、『心』『肝』『脾ひ』といった臓器に運ばれ『気』や『血』となり、

それらが内臓から体の表面につながる経絡を通って、体のすみずみに運ばれていきます。

 

経絡は皮膚と内臓との連絡通路でもあり、スムースにつながっていれば、

肌の栄養は満ちているので、うるおいとツヤのある若々しい美肌をキープすることができるのです。

 

しかし、ストレスや疲労、暴飲暴食などによって、体内環境が乱れ、

「気」と「血」の流れが滞ると、健康を損ない、老化の加速度を速めることになります。 

 

『かっさ』は、滞った『気』と『血』の流れを整え、新陳代謝を促し、

老廃物の排出をサポートしていき、身体全体の機能の活性化を図り、

人が本来もっている自然治癒力を高める自然療法です。

   

手業で、水牛の角や石、ミツロウでできた板状のへら・プレートなどを使って、皮膚をこすります。

 

◆ 【「痧(さ)」と「瘀血・オケツ」】

 

刮痧プレートでからだをこすると、滞っている、悪い部分が

皮膚表面に赤い斑点のようなものとしてでてきます。

この赤い斑点のようなもののことが「痧(さ)または(しゃ)」です。

 

日本語では「悪血」「汚血」などと書いてオケツと読む場合がありますが

カラダの中の不要な血、めぐりの悪くなっている血のことです。

「オケツ」は人間にとって老廃物で,あり毒素です。

 

『かっさ』は皮膚を擦って汗腺の活動を活発にさせ、この老廃物であるオケツを人体の内部から

引き上げる際に「シャ」と呼ばれる、皮下出血のような赤点が皮膚表面に現われます。

 

ただし、「オケツ」の無いところには「シャ」は出ません。

症状により現われる量と色は異なり、個人差はありますが、

 

「シャ」は汗や尿として排泄され、一週間ほどできれいに消えます。